HOME > コラム > 東京大学受験が持つ社会への影響力

東京大学受験が持つ社会への影響力

東京大学受験は、社会に対してとても大きな影響力を持っています。言われてみてなるほどと思う人もいれば、いまいちピンと来ないという人もいると思います。しかし現在も、日本においてもっとも頭の良い学生は東大生というイメージは、誰もが持っているものです。厳密にはどうなのかまではわかりませんが、一般的な意見を参考にすると、この考え方は間違いではありません。

例えばクイズ番組においても「東大生」という枠が用意されることがあります。そして実際に高い成績を残していることから、日本における東大信仰とも言える考え方はますます普及しているのです。

受験に関する参考書においても、他の大学の名前はほとんど使われていないのに、東京大学受験の文字は多くの参考書で見ることができます。他の大学を志望する場合でも役立つものなのですが、それでも東京大学受験の文字があった方が売れやすいからなのでしょう。

就職においても東京大学は1つの肩書きになっており、履歴書に東京大学卒業の文字があれば、それだけで他の応募者よりも有利になれます。最近では履歴書の内容よりも、本人がどういう考え方を持っているかが重要視されるようになりました。

しかしその状況でも東京大学だけは、いまだに他に負けないアピールポイントの1つになっています。東京大学が持つブランド力は、日本において他に比肩するものがないと言えるレベルです。ここまでくると東京大学受験は、実際の難易度よりも大げさにあつかわれているのではと見えてきますね。

学参ブックス

コラム

リンク集

サンプル文言枠